【静岡県 御殿場市 歯科・歯医者『ひまわり歯科クリニック』】


御殿場市の歯科・歯医者さん
『ひまわり歯科クリニック』
院長 鎌田 耕 先生









H12.3 北海道医療大学歯学部 卒業

H12.4 亀田総合病院にて臨床研修医

H13.3 臨床研修医修了

H13.4 亀田クリニック歯科センター 勤務

H18.2 亀田クリニック歯科センター 退職

H18.3 ひまわり歯科クリニック 開院

H19.11 歯科医師臨床研修施設指導医

H24.3 医療法人社団 青峰会 設立


一般歯科
小児歯科
インプラント
ホワイトニング
口腔外科

レーザー治療

当クリニックでは、やさしい治療を目指して最新のレーザー治療を行っています。
症例によっては、麻酔なしで治療ができること、振動や刺激が少ないため痛みが軽減されます。

・虫歯の治療
虫歯で軟化、感染した歯質をレーザーで除去し、同時に虫歯菌を殺菌する効果もあります。
虫歯を除去したところが少し焦げる場合がありますが、ほとんど痛みはなく、その後に詰め物をしますので心配はありません。

・象牙質知覚過敏症の処置
磨耗や歯周病などで歯が冷たいものなどに一時的に痛みを覚える(象牙質知覚過敏症)場合、レーザーを照射すると痛みを軽減することができます。

・歯周病(歯槽膿漏)の治療
歯ぐきヘレーザーを照射することで、免疫性を増強し、細菌の定着や歯肉の炎症をおさえ、殺歯効果も期待できます。
また、歯ぐきが腫れた場合(歯周膿瘍)は、レーザーメスとして使用し、膿瘍を切開、排膿させます。痛みと腫れは緩解し、治癒も早くなります。

・口内炎の治療
口内炎の部分にレーザーを照射すると、自発痛や接触痛などが消失し、治癒も早く経過は良好です。

・メラニン色素沈着の除去
歯ぐきがメラニン色素沈着で黒づんでいるところにレーザーを照射し、着色部分を除去します。
痛みを生じることもなく、短時間で除去でき、1週間もすればきれいなピンク色の歯ぐきにもどります。

静岡県御殿場市保土沢454−1
TEL:0550-89ー7530





さらに詳しく検索出来ます☟

カスタム検索

【静岡県 御殿場市 歯科・歯医者『さとう歯科医院』】


御殿場市の歯科・歯医者さん
『さとう歯科医院』
院長 佐藤 栄樹 先生








【医院のコンセプト】
・綿密な診査、診断、治療計画
・インフォームドコンセント(十分な説明と同意)
・痛み軽減の提案
・減菌、消毒の徹底
・生涯を通じた口腔内メンテナンス

審美歯科
インプラント
一般歯科

静岡県御殿場市新橋 2077-4
TEL.0550-82-8100





さらに詳しく検索出来ます☟

カスタム検索

週刊ポスト7月15日号の「やってはいけない歯科治療」の解説。Part2


大反響?(おそらく歯科関係者のみ)

週刊ポストが調子に乗って出した二回目のの「やってはいけない歯科治療」7月15日号。

前回は

週刊ポスト7月15日号の「やってはいけない歯科治療」の解説。Part1


でしたが、今回も記事内の進行に合わせてPart2です。






今回のPart2の記事は概ねその通り。

渋谷の抜かない名医?の歯科医の言う通り、「歯は徹底的に残すのが当たり前」でインプラントが広まったが故に、歯を何とかして残そうとする考え方が薄まっているのは事実である。

しかし、それは日本だけに限った事ではなく世界的にその様な流れになっているのである。

記事内ではその理由として、インプラントの方が料金が高く残す治療の方が安いからだと説明しているが、決してそうではない。

実際にその歯を残す治療が素晴らしいのであれば、その治療に付加価値が付けば治必然的に患者から頂く料金は高くなるのではないか?

単純に「インプラントが儲かる」だけではない。

一番の原因は「必死に残す歯はもともと悪い歯!」という事である。

悪い歯だからこそ頑張って残して欲しいと思うのは普通であるが、では歯科医師が必死に残した歯がすぐにダメになった時にそれを認めてくれるかという事。

すぐと言うのは、何年の単位ではなく何か月、何週間、下手したら何日という単位で。

かなり挑戦的な治療であっても試す価値は個人的にはかなり高いと思うが、患者がその歯科医師の努力にいくらPAY出来るかと言うのが最も重要である。

ダメになる可能性が高い歯を残す治療と言うのは、じつは非常に難しい事であるし成功率も低い。

そこにきちんとお金を払える意識の高い日本人がどのくらいいるのだろうか?


「ダメもとでやるから安く」では、やる側にまともなやる気など起こるはずがない!

さらに一生懸命残した歯がにダメになったとして「せっかくお金はらったのに、すぐにダメになった。お金返せ!保障しろ!」

こんな日本人のクレーマー気質では、一生懸命歯を残して患者からクレームつけられる位なら確実性の高いインプラントとなるのも無理はない。

※現にアメリカなどでは日本と比較したら、その様な歯の保存治療は圧倒的に少ない。
何故なら、訴訟大国なので「無理はしない」のである。

しかし、悲しいかな日本人もその様な気に入らなければすぐにクレームを付ける文化になってしまっているのである。

ギリギリの歯を残すためには歯科医師の意識と言うよりは、日本国民の歯を残す事の重要性を認めそこに対価を払える意識にならなければならないと思う。

週刊ポスト「やってはいけない歯科治療」の解説。実はそうじゃないPart1

週刊ポスト「やってはいけない歯科治療」の解説。実はそうじゃないPart2

週刊ポスト「やってはいけない歯科治療」の解説。実はそうじゃないPart3






さらに詳しく検索出来ます☟

カスタム検索

週刊ポスト7月15日号の「やってはいけない歯科治療」の解説。Part1


相変わらず調子に乗って歯科医院バッシングの記事を書いている週刊ポスト。

まぁ、売れているのでしょう。
(歯科関係者だけに…笑)

歯科医師だけで10万人いるわけですから、それなりに売れますよね。

しかし、この号でもまた疑問符のつくような事が書かれておりますので、私見ではありますが解説させて頂きます。






まず、Part1の「歯を抜きましょう」と言われてもうなずいてはいけない!のパート。

タイトルだけを見れば確かにその通り。


しかし、記事の内容では↓

-------------------
首都圏在住の元音楽教師の60代女性が、歯周病の進行によってブリッジと部分入れ歯をしていた。

その方が360万円かけてインプラント4本入れその上にセラミックを被せた。

そして10年後「セラミック部分が欠けて、またネジの頭の部分に穴が開いた。」との事。

それを歯科医師に抗議した。
-------------------

と書かれている。



10年…

人間の身の回りの物で10年変わらず毎日ハードに使用しているものがあればぜひ教えて頂きたい。


新潟医療センターのHPによれば、人工膝関節の寿命は10~15年と書かれています。
(http://www.niigata-medical.jp/examination/departments/09/joint.html)

もちろん前後すると思います。

人工関節は寿命が来れば再手術です。

しかし、このインプラントの場合は再手術の必要はなくその上のセラミックをやり直すか修理すれば良いだけです。


こう言った話を聞くたびに日本人の「歯に対する意識の低さ」を感じてなりません。


一日一回程度しか使わない高額掃除機ダ〇ソンを10万円くらいで買っても、保証期間は5年で納得。

ハイブリッドカープリ〇スを250万円くらいで購入したとしても、10年経てばそろそろ換え時かな?と思うだろう。
(個人差はありますが)

しかし、歯だけは何故か一生もつだろうと思っている。

もちろん、何度も病院には行きたくないと言うのはわかりますが、「自分の体」なのです。

「歯はお金がかかる、でも大切な自分の体だから。」と言う思考に何故ならないのか?

その理由は明解で、日本では「国民皆保険」が存在しているので「虫歯や歯周病になってもすぐ治せる」と思っているのです。

しかも安く。

もう一度言います、しかも安く。

この安いと言うのは決して最高の治療ではなく、最低限のセーフティーネットと言う意味でのものです。

もちろん最低限のレベルでも医療が受けられるのは、世界的に見てもとても素晴らしい事なのですが、日本国民はそれを理解しなければならないのです。

国家レベルで理解していないがために、海外で「日本のプレジデントは歯に気を使わないのか?」と不思議がられてしまうのす。(事実)


話がかなりかなり、それましたが、インプラントの成功と言うのは再手術を必要としない事であり、上のセラミックスは経年的に変化するのは当たり前という事なのです。

そのため今回のケースで言えば10年間安価な「入れ歯」で不快な思いをせずに、快適なインプラントとセラミックスで生活を送れた事で大変素晴らしいという事が言えると思います。


ただし、この雑誌のネタになってしまった唯一のポイントと言えば、最初のキメ文句である。
(本当に言ったかどうかは正直怪しいが)

「一生もつ」と言った事である。


もちろんインプラントが再手術をせずに行けると言う事であるが、一般の知識のない患者さんにはそれは分かるはずもない。

歯科医師は技術と知識の研鑽だけでなく、その辺の患者説明も丁寧にしなくてはならないと思う。

さらに詳しく検索出来ます☟
カスタム検索





【北海道 帯広市 歯科・歯医者 『いのうえ歯科医院』】


帯広市の歯科・歯医者さん
『いのうえ歯科医院』
井上 裕之 先生








歯学博士
経営学博士
メンタルセラピスト
島根大学医学部臨床教授
東京歯科大学非常勤講師
北海道医療大学非常勤講師
インディアナ大学歯学部客員講師
ブカレスト大学医学部客員講師
ニューヨーク大学歯学部インプラントプログラムリーダー
テンプル大学プログラムディレクター
ICOI国際インプラント学会Diplomate
日本コンサルタント協会認定パートナービジネスコンサルタント
日本産業心理コンサルティング協会認定コンサルタント
溝口メンタルセラピストスクールメンタルセラピスト
米国ジョセフ・マーフィー・トラスト グランドマスター

【診療科目】
インプラント
スーパーデンチャー総義歯治療
マイクロエンド歯根治療
審美歯科

【著書】
自分で奇跡を起こす方法
すぐにケータイをかけなさい!
世界標準のインプラント治療
「なぜか、あれこれ悩んでしまう」がなくなる18の習慣
今日から始まる成功ストーリー奇跡を起こす7つの習慣
わたしの人生に奇跡を起こしたマーフィー100の言葉
奇跡力
患者様をファンにする最強のコミュニケーション
カン違いを続けなさい!
30代でやるべきこと、やってはいけないこと
コーチが教える!「すぐやる」技術

他多数執筆
歯科だけでなく一般の方達にも大変好評です。


北海道帯広市西9条南2丁目12-2
TEL:0155-25-6480(ニッコリムシバゼロ)

さらに詳しく検索出来ます☟
カスタム検索





【北海道 札幌市 北区 歯科・歯医者 『ラビット歯科』】


札幌市北区の歯科・歯医者さん
『ラビット歯科』
院長 谷野 昌弘 先生





東京歯科大学卒業

訪問歯科
小児歯科
医院案内
予防歯科
ホワイトニング

【医院コンセプトのABC】

At Home
患者様が気軽にご来院できるよう、アットホームな雰囲気作りを目指します。
患者様とのコミュニケーションを積極的にはかり、少しでも患者様の不安を取り除くよう努めます。

Best
常に個々の患者様が何をお求めなのかを考え、個々の患者様にとってのベストな医療、ベストなサービスをご提供します。
またその実践のために、向上心をもって自己のレベルアップをはかります。

Clean
常に患者様の立場・視点に立って、清潔かつ快適な環境作りをします。
患者様に安心して診療をお受けいただけるよう、衛生面を徹底します。

※医院ホームページより

北海道札幌市北区北二十四条西4-1-21
モンレーブ24-4F
TEL:011-708-1080





さらに詳しく検索出来ます☟

カスタム検索

歯科医院飽和状態の現在

1週間のアクセス上位ランキング

#歯医者さん達のyoutube

1ヶ月間のアクセス上位記事

全期間のアクセス上位記事

【歯医者さんに診てもらう症状】
歯がしみる
歯が欠けた
歯がぐらぐらする
歯が痛い
歯が着色している
歯を白くしたい

歯茎から血が出る
歯茎が痛い
歯茎が腫れている

舌が痛い
舌の縁がギザギザしている

口臭がする

顎が痛い
顎が鳴る
顎がしゃくれている

口が開かない
朝起きると首が痛い

詰め物が取れた

歯並びが悪い

噛み合わせが悪い

歯ぎしりをする
食いしばりをする

前歯が出ている
八重歯が気になる

親知らずが痛い
親知らずが気になる

いびきをかく