マウスピース型矯正装置に対する注意勧告?

先日、日本矯正歯科学会からカスタムメイド型(マウスピース型など)の矯正装置について、歯科医師に注意勧告がなされました。
近年マウスピース型の矯正装置を用いた治療例が非常に増加して来ているが、それに伴ったトラブルもかなり増えてきているとのこと。
その状況を鑑みて「公益社団法人日本矯正歯科学会」と「日本歯科材料工業組合」は、監督官庁である厚生労働省にカスタムメイドの矯正装置の薬事法及び歯科技工士法における位置付けを確認したとのこと。
その結果、いかなるカスタムメイド(マウスピース型等)の矯正装置は日本の薬事法の医療機器には該当しないそうだ。
日本国内の技工所で作成されたマウスピース型矯正装置等は、日本の歯科技工士法上の矯正装置として該当はされるが、海外の技工所で作製されたものはその
技工士法にも当てはまらないという。





そのため、海外カスタムメイド矯正装置を用いた治療を行う場合は歯科医師個人の全責任において使用しなければならないらしい。
しかし、世界でもトップクラスに厳しいと言われる日本の薬事を通らず、さらに技工士法上にも該当しないというものを歯科医師の全責任のもと使用せよ、逆を言えば全責任を負えば使用していいのか?
現在最も有名なマウスピース型矯正装置は海外製のものであるらしいが、これをメインとして行っている歯科医師らはどの様な対応をしていくのであろうか?
そして患者にはどの様な影響がでるのであろうか?
とある矯正科医によれば、従来の矯正装置の材料の売れ行きが落ちたために学会とつながりのある材料の会社が、矯正学会と組んでその様な行動をしているのではないかと言う声もあるそうだ。
真相は不明だが患者にとって安全で利益のあるものであることを願いたい。





0 件のコメント:

コメントを投稿

歯科医院飽和状態の現在

1週間のアクセス上位ランキング

#歯医者さん達のyoutube

1ヶ月間のアクセス上位記事

全期間のアクセス上位記事

【歯医者さんに診てもらう症状】
歯がしみる
歯が欠けた
歯がぐらぐらする
歯が痛い
歯が着色している
歯を白くしたい

歯茎から血が出る
歯茎が痛い
歯茎が腫れている

舌が痛い
舌の縁がギザギザしている

口臭がする

顎が痛い
顎が鳴る
顎がしゃくれている

口が開かない
朝起きると首が痛い

詰め物が取れた

歯並びが悪い

噛み合わせが悪い

歯ぎしりをする
食いしばりをする

前歯が出ている
八重歯が気になる

親知らずが痛い
親知らずが気になる

いびきをかく