「歯医者の裏側」を読んで、注意を喚起致します。


























先日週刊ダイヤモンドが歯科に対する特集を組んだ。
その内容とは「歯医者の裏側を暴く」的なもの。

また・・・。
最近は歯科に対するネガティブキャンペーンがとても増えました。

上の画像からも分かるように、虫歯になった歯の影がなんと「¥」マーク!!
まさに悪意のかたまり。

さらに歯の横には「もうダマされない!」なんて吹き出しも。

はっきり言いますが、歯医者さんは誰も騙そうとしている人はいません。
確かに、この本の中で述べられているように、歯科医師が過剰なのは事実です。
しかしながら、小さい頃から比較的裕福に育てられ、6年生の大学に進学し、一生懸命勉強して国家試験に合格した人たちが、「歯科医師」なのです。





人を騙してお金を稼ぐなんていう下品な考えや、そういった教育は小さい頃から一切されていないのです。
思いついても人としてのプライドが大きく立ちはだかり、そういった事は一切しないでしょう。
それだけ自分の仕事に自信を持って人生をかけて皆さんやっています。
さらには悪い事をしてまでお金を稼ごうとする度胸はありません。

歯を削る削らないという話をよく聞きますが、この本の冒頭にも上の先生に歯を削れと言われたから辞めた。
という話が載っていますが、お金のために削れと言われたように書いてあるが本当なのか?
実は本当は医学的には削る処置が必要である可能性もあります。

私は多くの歯医者さんを知っていますが、私の知っている限りお金の事を追及して診療している人なんて一人もいませんよ!!

もしこれを読んで歯医者=悪者なんて考えになる人がいたら、それこそ騙されないで下さい!!
全ての事をキャッチーにそしてセンセーショナルにするからこそ、メディアや雑誌は面白い訳なのでその辺を十分にご理解して頂けたらと思います。

しかしながら、この雑誌に書いてある通りに事実歯科医院の経営は厳しく、掲載されているデータ自体には大きな間違いはありません、一つの情報としては信頼できるでしょう。

ちなみに、中に載っている「インプラント対応医療機関一覧」はここに載せますからと言って各歯科医院から広告費をもらっているんでしょうかね。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿

歯科医院飽和状態の現在

1週間のアクセス上位ランキング

#歯医者さん達のyoutube

1ヶ月間のアクセス上位記事

全期間のアクセス上位記事

【歯医者さんに診てもらう症状】
歯がしみる
歯が欠けた
歯がぐらぐらする
歯が痛い
歯が着色している
歯を白くしたい

歯茎から血が出る
歯茎が痛い
歯茎が腫れている

舌が痛い
舌の縁がギザギザしている

口臭がする

顎が痛い
顎が鳴る
顎がしゃくれている

口が開かない
朝起きると首が痛い

詰め物が取れた

歯並びが悪い

噛み合わせが悪い

歯ぎしりをする
食いしばりをする

前歯が出ている
八重歯が気になる

親知らずが痛い
親知らずが気になる

いびきをかく